製品部分のパーツだけが金型ではありません。金型は、射出成形された実際の製品に比べて、何十倍もの大きさがあり、何万倍、何十万倍もの重さを持っています。
そして、金型はわずか1モデルのために、300点以上もの高精度のパーツを組み込み、作り上げられるオーダーメイドの製品です。その一つひとつは最新の加工機と加工技術が駆使され、ミクロンオーダーの精度に対応できる高精度金属部品。
これらすべてを含めたものが金型であり、私どもの製品です。
1.製品精度確保 金型はサブミクロン製品はPPM
2.成形離型性 製品に無理のない取り出し
3.流動性考慮 樹脂の充填の低圧高速流動の金型開発
4.転写性考慮 金型磨きで再現性確保
5.製品強度確保 使用に耐える製品形状提案
6.製品耐久性確保 製品内部応力の緩和(分子配向)
7.冷却効果の型構造追求 最適冷却の追及で生産性向上
8.金型強度 金型変形・トラブルのない耐久性を考慮した金型設計
9.歩留まり向上 成形安定再現性確保
成形歩留まりの元凶ガス抜きの最適化徹底配慮
10.変形(そり)配慮 収縮方向均一化配慮、最適ゲート口湯道の確保
11.型密封性 成形バリの出ない型精度と構造確保
12.二次加工の配慮 後加工処理の容易さを追及提案
13.取り出し配慮 型取り出し後の製品処理
14.段取り変えへの配慮 機種切り替えロス排除のQDC金型設計
15.金型保全 金型メンテナンスの容易な金型構造



 

ホーム | プライバシーポリシー | サイトマップ | お見積り | お問い合わせ